珈琲好きならアルバイト代使ってあちこち喫茶店やカフェを飲み歩こう!

私は、学生の頃から珈琲がとても好きで、アルバイト代を使って、あちこちの喫茶店やカフェを飲み歩いていました。

段々とそれでは物足りなくなり、自分で働く様になったら、ちゃんとしたハンドドリップできる道具を揃えて、自分で毎日、お気に入りの珈琲豆を挽いていれるんだと楽しみにしていました。

社会人になり、早速、楽しみにしていたハンドドリップの道具と豆を挽く道具を購入しましたが、道具だけでは当然ながら、美味しい珈琲を淹れることはできないので、珈琲に関する本を何冊も購入し、独学で美味しい珈琲の淹れ方をマスターしました。

薬剤師 転職体験談

自分で言うのもお恥ずかしい話ですが、そこら辺の喫茶店やカフェの珈琲よりも断然美味しく淹れることができる自信がある程にスキルが上がっていました。

その数年後に友人から相談されることがありました。

その内容は友人の友人がカフェをオープンさせてたいということで、私に協力してもらえないかと言うことでした。

私は、それは面白いと思い一つ返事で了解しました。

実際にその方に合い、その方はカフェを開く講座を卒業し、珈琲の淹れ方には自信があるということでしたので、実際に淹れてもらいました。

正直、プロとしてやっていくには、あまりにも不完全なもので、それを正直に伝えると、納得いかないという表情でしたので、珈琲好きの友人を数名呼び、私が淹れた珈琲とその方が淹れた珈琲の味をどちらが美味しいかを判断してもらうことになったのです。

もちろん、どちらが淹れたのかは、分からないようにして判断してもらったのですが、全員、私の淹れたものを美味しいという評価でした。

それからは、私の道具と全く同じ物を全て揃えて、修行を開始しました。

数ヶ月で上達し、かなりのレベルまでになりました。

店舗も私のアイデアを取り入れて、無事にオープンを迎えることができました。

そのお礼として、私は、いつお店に行っても料金は無料でいいと言われています。

カフェのオープンにも携わることもでき、それに、無料でカフェを楽しめるなんて、大変得をした出来事でした。